So-net無料ブログ作成
検索選択

Ustream Producer 2.0ってどう? [雑談 思うこと]

ustream-producer-2.0.jpg先週Ustream配信用の純正アプリUstream Producerがメジャーアップデートしてver.2.0になりました。
インターフェィスが改良さて使い勝手も以前に比べてよくなった様な気がします。インターフェィスの下の部分に設定や配信、録画などのボタンが追加されたのもいい感じです。あと録画についても今まではUstreamのサーバーのみの録画だったのが自分のPCにも録画出来るようになりました。
実際に使ってみてはどうかというと、Ver.2では無料版の扱いがどちらかというと体験版的色合いになった感じで、実際の配信で使うには有償のPro版にアップデートしないと以前使えていた機能が使えないなど、ちょっとねぇという感じもします。
ただ、私が使用しているPro版ではUstream技術チームのツイート告知によるように
Producer2.0 オススメ その1) エンコードエンジンを新しいものに置き換えました。またPro版以上ではエンコーダのパラメータの調整もできるようになりました。

画質や音声が調整出来るようになって嬉しい限りです。
そのおかげなのか判りませんが前バージョンのPoducerでI-O DATA製USBビデオキャプチャユニットGV-USBが音声48kHz固定で、44.1kHzでUstreamProducerに送り込めないため音声が20分ほどで途切れてしまったのもちょっとだけ試したのでまだ何とも言えませんがもしかしたら大丈夫ぽいかもしれません。
あと帯域モニタも付いたので配信時のチェックにも活用できますね。
あとPro版の上にStudio版というより高機能なヘビーユーザー向けのバージョンが追加されたのもこのバージョンの特徴です。
さて、いいとこだらけのver.2ですが、まだアプリの作り込みが甘いのかバグなども残っているようです。
Producerには画面キャプチャの配信機能でDesktop presenterというアプリが入っているのですが(今回から音声もキャプチャ出来るようになりました。)私のWin環境「DELL Studio1557 Intel®Core™i7ATI Mobility Radeon™ HD 4570 512MB」ではキャプチャ画面が真っ黒のままで表示されないという症状が起きています。
また上位バージョンのスコアボードをデモ機能で試そうとするとアプリごと落ちてしまいます。これはMac版でも同様に落ちてしまいます。
そんなことを検証しながらツイッターでつぶやいていたらUstream技術チームから不具合アナウンスが
Producer2 注意点 その2) 現在Win 64bitの環境のいくつかでPro/Studioにアップグレードできないケースが散見されているようです。ただいま問題を詳しく調査中です。
Producer2 注意点 その3) STUDIO版でスコアボードの機能が利用できない状態です(アプリがフリーズ)。大変申し訳ありません。原因の確認と修正を急ぎます。クロマキーやバーチャルセットは大丈夫です。

ということなので乗り換えはもう少し待った方がいいのかもしれません。
タグ:ustream
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 1

daywalker

2.01で認証の問題を解決したようですね。
あと、DesktopPresenterの件ですがUstreamからのサポートメールにて解決しました。
その方法についてはこちら▽
http://hyper-ball.blog.so-net.ne.jp/2011-09-24
by daywalker (2011-09-28 07:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0