So-net無料ブログ作成

『ぼくらの』は21世紀版『ザ・ムーン』か?・・・ついにアニメ化! [アニメ]

鬼頭莫宏の『ぼくらの』(小学館 IKKI連載中)が今年アニメになります。

この作品は私が子供の頃に夢中になって読んだジョージ秋山の作品『ザ・ムーン』にとてもソックリな作品です。
多分、鬼頭氏はこの作品からかなり影響を受けているのでしょう。
ロボットの名称もジョージ秋山の『ザ・ムーン』の主人公ロボットザ・ムーン(THE MOON)に対して『ぼくらの』のロボットジアース(スペルはZearthのようですが・・・多分THE EARTHのスペル変更したものでしょう(^_^;)。)、『ザ・ムーン』の登場キャラ糞虫に対して『ぼくらの』ではコエムシというキャラが登場している点でもそのリスペクトぶりが窺えます。
巨大ロボットを託された子供たちが地球を守るために色々な敵と戦うのですが、そこには『ザ・ムーン』と同様に、とても残酷で、暗さがあふれた作品になっています。
アニメでどこまで描ききれるか判りませんが、ちょっと期待している作品です。
公式サイトによるとスタッフは豪華です。

アニメ版『ぼくらの』スタッフ
  • 原作:鬼頭莫宏 【小学館 月刊IKKI連載中】
  • 監督:森田宏幸 【「猫の恩返し」(2002)】
  • キャラクターデザイン:小西賢一
    • 【「ドラえもん のび太の恐竜2006」 「東京ゴッドファーザーズ」(2004)】
  • メカニカルバイザー:鈴木勤
    • 【Z.O.E Dolores,i」(2001)「白鯨伝説」(1998)】
  • 音楽:野見祐二
    • 【「猫の恩返し(2002)「耳をすませば」(1995)】
  • アニメーション制作: GONZO
    • 「ブレイブ ストーリー」(2006)
    • 「SAMURAI 7」(2004)


▼アニメ『ぼくらの』公式サイト

▼鬼頭莫宏ホームページ

『ぼくらの』連載 小学館 IKKI公式サイト[イキパラ]

P.S.
まだ企画段階かもしれませんが、『ザ・ムーン』本家についてもアニメ化という情報があるようです。
この件について現在わかっているのは、監督 : 神戸守 / シリーズ構成 : 吉岡たかを / アニメ制作 : ARMSということだけです。

『ぼくらの』関連商品

ぼくらの 1 (1)

ぼくらの 1 (1)

  • 作者: 鬼頭 莫宏
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2004/06/30
  • メディア: コミック


ぼくらの 2 (2)

ぼくらの 2 (2)

  • 作者: 鬼頭 莫宏
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2004/12/24
  • メディア: コミック


ぼくらの 3 (3)

ぼくらの 3 (3)

  • 作者: 鬼頭 莫宏
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2005/06/30
  • メディア: コミック


ぼくらの 4 (4)

ぼくらの 4 (4)

  • 作者: 鬼頭 莫宏
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2005/12/26
  • メディア: コミック


ぼくらの 5 (5)

ぼくらの 5 (5)

  • 作者: 鬼頭 莫宏
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2006/06/30
  • メディア: コミック


ぼくらの 6 (6)

ぼくらの 6 (6)

  • 作者: 鬼頭 莫宏
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2006/12/26
  • メディア: コミック


『ぼくらの』と比較で電子書籍・オンラインコミックは蔵書日本最大級のeBookJapanでジョージ秋山の『ザ・ムーン』を読む。

ザ・ムーン (1)

ザ・ムーン (1)

  • 作者: ジョージ秋山
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1997/04
  • メディア: 文庫

ザ・ムーン (2)

ザ・ムーン (2)

  • 作者: ジョージ秋山
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1997/04
  • メディア: 文庫


ザ・ムーン (3)

ザ・ムーン (3)

  • 作者: ジョージ秋山
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1997/05
  • メディア: 文庫


ザ・ムーン (4)

ザ・ムーン (4)

  • 作者: ジョージ秋山
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1997/05
  • メディア: 文庫


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 2

雪風

はじめまして”ザ.ムーン”好きでした。
他の巨大ロボットものと違って最後が悲劇的でしたが。
確か犬に似た宇宙人との戦いだったと思いましたが。

また幕末の志士が出てきた様な...??
記憶が曖昧ですみません


by 雪風 (2010-09-04 19:40) 

daywalker

雪風さんどうも
「ザ・ムーン」は私もジョージ秋山の作品のなかで異色の部類になるのですがとても大好きな作品です。
彼の描く正義と悪の混沌とした考え方が連載当時斬新で新鮮に感じました。(まだ私が子供で熱血少年だった(笑)からでしょうか)
by daywalker (2010-09-05 16:42) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。